お知らせ/ブログ

小学校4年の金城さん、中学校2年の糸数君がそれぞれ3級・2級に合格

2008.11.24 15:27

日本数学検定協会の第158回実用数学技能検定で、与儀小学校4年の金城杏奈さん(9)が中学3年レベルの3級に、昭和薬科大附属中学校2年の糸数昌史君が高校2年レベルの2級に合格した。

小学校では、休み時間に友人と鬼ごっこやドッジボールで遊ぶのが楽しいという金城さんは
「ちょっと自信があった。問題が解けた時はやったー、という気持ち。数学も頑張るけど、国語の勉強も頑張りたい」と意欲を見せる。

卓球部と将棋部に所属する糸数君は
「力試しだったので、まさかと思った。頭の回転という面で数学が役に立っているのかも。でもあまり強くない(苦笑)。将来は理系に進みたい。中学卒業までに数検準1級を目指す」とそれぞれ、快挙を喜び、さらに先を見据えた。

※実用数学技能検定3級とは中学1年~高校1年レベル ※同2級は高校2年レベル

【新聞記事より一部抜粋】

【新聞画像:沖縄タイムス】

画像をクリックすると拡大します